川崎エリアの貸店舗・貸事務所のことならテナント専門の店舗ヴィレッジへ

お気軽にお問い合わせください
TEL 044-223-8941
受付時間 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]
【ご来所の際には事前連絡要】

事務所を探す前に

HOME > 事務所を探す前に > 店舗を閉めたいと考えた場合に・・・早めに動かなければならないこと

店舗を閉めたいと考えた場合に・・・早めに動かなければならないこと

投稿日 : 2018年7月12日 | 最終更新日時: 2018年7月13日

今回は、オフィス仲介ではないですが

私が最近依頼を受けた飲食店撤退に伴う造作売買についてお話します。

 

事業用物件の場合には、だいたい解約予告が3ヶ月前~6ヶ月前です。

 

借り主様は売上が落ちてすぐにでも退去したいと思っても

退去できないしばりがあるのです。

 

大家さん的は解約予告後の3ヶ月~6ヶ月以内になんとかして

次のテナントさんを探そうとします。

 

大家さんはとにかく次のテナントさんを探すことに必死です。

 

ただ借り主さんは売上が落ちていてすぐにでも辞めたい場合や

退去時にスケルトンにする費用もかかってしまいます。

 

退去時にスケルトンにする場合に例えば50坪程度だと

200万程度かかります・・・

 

基本的に退去するのはマイナス理由の方が多いです。

その中で解体の見積もりをとったら予想外の金額を提示

されて慌てふためくことは避けたくないですか。

 

居抜のまま譲渡をすれば解体費用がなくなると思いませんか。

 

場合によっては造作譲渡できればお金も入ってきます。

 

これをするには早めに動かなくてはなりません。

 

店舗営業と同時に次の借り手を探す!

 

店舗営業しながらだとそこまで頭が回らないのは

わかります。

しかし、解約日が間近になっては造作売買の相手先を探すのは難しいです。

 

今すぐ物件を探したい人はこちら

 

トップページ 貸事務所物件情報

年別アーカイブ

お問い合わせはこちら