川崎エリアの貸店舗・貸事務所のことならテナント専門の店舗ヴィレッジへ

お気軽にお問い合わせください
TEL 044-223-8941
受付時間 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

オーナー様へ

HOME > オーナー様へ > オーナー様が直接借主様との交渉は辞めて下さい!

オーナー様が直接借主様との交渉は辞めて下さい!

投稿日 : 2017年11月6日

店舗ヴィレッジ代表堀口です。

 

本日は、大家様の心得みたいなものをお話します(僭越ですが・・・)。

 

テナント物件でスケルトン引渡しの場合には借主様は内装にお金をかけなければなりません。

このため、物件の契約前に内見者の方は見積をとって、内装費用を計算します。

 

この見積期間で、2,3週間程度のお時間は必要になります。

 

内見の時間も考えると、1ヶ月程度は結果がでるまでかかる場合もございます。

 

この期間は、大家様にとっては一日千秋の思いで待たれていると思います。

早く結果をしりたい・・・

気持ちはよくわかります・・・

 

しかし、だからといって直接内見者の方に連絡をとるのは辞めて下さい!

 

大家様によっては待ちに待ちきれずに仲介会社に何の連絡もなしに

内見者の方に連絡とる人がいます。

 

内見者の方は物件を借りたあとに本当に事業を成功できるか一生懸命考えています。

疑心暗鬼になっている事もしばしばあります。

 

そんな中で、少しでもマイナス要因なことがあると、物件契約を引いてしまう傾向があります。

 

彼らは、なるべく営業をかけられたくないと考える人が多いです。

(不動産会社にも大家様にも)

 

正直、内見希望者がテナントを見るとに、不動産会社が立ち会うのが原則ですので

まだ許容しております。

しかし、大家様からは通常は連絡がないのが普通なのに連絡が来た場合には、

焦っていると感じとられてしまいます。

 

焦っていると思われると、足元を見られたり、逆に物件自体があまりよくないと逆に

思われたりして遠ざかれたりする場合もあります。 

 

最近、当社でも横浜のお預かりしている物件で、いつの間にか大家様が内見者に連絡

をしてそれ以降に全く音信不通になってしまいました。 

当社も全く仲介手数料が入りませんが、大家様も契約が成立せずに全員がよい思いを

しません。

 

不動産会社によっては、そういう大家様とは付き合わなくなる場合もあります。 

 

不動産会社と円満なお付き合いをするには、ある程度は不動産会社に任せることも

必要です。

 

大家様もテナントの入居者様が入るまで不安でしょうが、我慢するようにお願い申し上げ

ます。 

 

トップページ 物件情報 店舗仲介事例 採用情報 お問合せ

年別アーカイブ

お問い合わせはこちら